FC2ブログ

記事一覧

図書館の魔女 烏の伝言 高田大介

やっと読めたシリーズ第2弾。ニザマで起きた政変により落ちのびてきた姫様がおりました。彼女に従うのは数名の近衛と荷役兼案内役の剛力たち。山中での長い逃亡の日々に皆疲れ果ておりましたが、目的地の港クヴァングワンまであともう少し。ところが彼らの行く手に焼き滅ぼされた樵の村が現れます。生きているものは黒犬ばかり。しかしその犬に導かれた小屋の床下から仮死状態となった少年を発見いたします。少年と犬も連れてクヴ...

続きを読む

つくもがみ笑います 畠中恵

シリーズ第3弾。古道具屋兼損料屋の出雲屋には古い道具がたくさんあります。その中には長い年月を経て付喪神となったものたちがちらほらと…。出雲屋ではそんな付喪神の貸し出しもやっております。1巻目は親世代清次とお紅のお話で、2巻目は2人の養子となった十夜と幼なじみのお話でした。そして3巻目は十夜と新キャラ阿久徳屋と息子(養子)春夜が登場いたします。阿久徳屋の本名は久徳屋阿喜夜といいまして、なんて素敵なカッコイイ...

続きを読む

亡羊の嘆 鬼籍通覧 椹野道流

正月休み返上で大忙しのシリーズ第6弾。大晦日に持ち込まれたご遺体は超有名な料理研究家!しかも刺傷が多くて検死に時間がかかり、帰る頃には年が明けてしまいます。彼女の腹にはへそを中心にして同間隔で9箇所刺された傷があり、これは死後つけられたもの。さらに胸にはナイフとフォークが刺されており、犯人の残虐性がうかがわれます。彼女は母親の遺品整理のため実家に帰省しておりました。ファンを名乗る若い男性に夕飯を振舞...

続きを読む

ルビンの壺が割れた 宿野かほる

終始男女のSNSでのやり取りが続きます。2人の出会いは30年ほど前の大学の演劇部でございました。男は部長で演出の才能があり、部員たちからの信頼の厚い人です。一方女は彼の後輩で、見た目は地味ですが素晴らしい演技力の持ち主です。2人は恋人になり結婚することになるのですが、式の前日女は男を置いて出奔いたします。そして時を経てSNS上で再会を果たすのですが…。最後に大きな爆弾がドーンと破裂いたしました。この男のこと...

続きを読む

神様の御用人9 浅葉なつ

ついにクライマックス!盛り上がってまいります。ひと仕事終えた良彦の所にお供え泥棒の話が届きます。どうやら犯人は狐らしく黄金にあらぬ疑いがかかりご立腹。黄金は犯狐に思い当たる者がいるようですが、他に気になることがあるらしく出かけて行ってしまいます。全国で地震が頻発している中1つめでたい事がありました。良彦に正社員のお話があったのです。しかし正社員になってしまうと自由な時間が減ってしまい御用人の仕事に...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ