FC2ブログ

記事一覧

先生と僕 坂木司

大学に入学したての二葉くんは怖いものが大の苦手。ちょっとしたことでも、どんどん悪い方へと想像を膨らませてしまうのです。本は読むけど人が死ぬようなミステリはダメ。

それなのに仲良くなった友人に誘われて「推理小説研究会」に入ってしまった二葉くん。借りた本を手に取ってはみたものの読み進めることができません。公園のベンチで途方に暮れてしまいます。

そこに現れたのは天使、ではなく天使のような美少年隼人くん。初対面の二葉くんに家庭教師になってくれるよう頼むのです。(フリですけどね)

隼人くんはミステリマニア。彼の部屋の本棚にはたくさんのミステリ小説がズラッと並びます。そこで隼人くんは二葉くんのミステリの先生となるのです。

隼人くんは日常の謎も大好きでして、謎を見つけては首を突っ込んで行きます。そこで役立つ子が二葉くんの特技。なんと5秒程度で何でも絵として頭にインプットできるのです!

二葉くんはこの特技を非常に冷静に受け止めておりますけども、これってものすご〜いことですよ。しかも、アウトプットはもちろんズームも自由自在。

仕事で何かと重宝しそうだなあ。プレゼン前に、1、2、3、4、5…、と資料を覚えておけば何を聞かれても怖くないぞ!まあ、緊張して頭真っ白ってことがなければですけどね。(二葉くんはそうなりそうだなあ)

さて今回は以下の5話が収録されています。

本屋さんで雑誌の間に電話番号を書いたメモを複数発見!つながった先は…?「先生と僕」
二葉くんが行ったカラオケボックスでぼや騒ぎ!いたはずの客が行方不明⁉「消えた歌声」
タダ券もらって市民プールへ。ウォータースライダーを調査する市の職員?彼のメモには謎の数字が…「逃げ水のいるプール」
二葉くんが誘われて入った絵のギャラリー。そこには可愛いお姉さんが。しかしてそのギャラリーには秘密があって…「額縁の裏」
ハムスターを買い始めた隼人くん。ペットグッズをネットで調べていると謎の書き込みが…「見えない盗品」

隼人くんオススメのミステリブックガイドとにもなっております。二葉くん仕様の怖くない本ばかり。人が死ぬ話はちょっと…、という方にいいかもしれません。この本自体も人が死んだり傷ついたりすることはございません。ただし、高確率で犯罪が関わってきますので、終始ほんわか〜というわけではありません。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ