FC2ブログ

記事一覧

確率捜査官御子柴岳人 ゲームマスター 神永学

シリーズ2作目。

次期首相と目される大物議員の自宅に侵入、窃盗の疑いで逮捕された男。現場近くの児童公園にて封筒に入ったUSBを捨てるところを刑事に目撃されますが、容疑は一貫して否認しております。

刑事の証言と、通報した議員の秘書の目撃証言があるものの、物的証拠はなし。なんで公園での職質のときあんなに逃げた?って話ですが、このままでは送検できません。ということでこの事件「特殊取調対策班」の預りとなります。

「特殊取調対策班」とは取り調べの可視化と効率化、さらに正確性の向上を目的に作られた部署です。御子柴という数学者がオブザーバーとして参加してますが、この男がかなりの変わり者。

チュッパチャップスを舐めまくり、つねに白衣。その上取り調べの際はサングラスを着用し、暴言を吐きまくる。さらにさらに署内に猫を連れ込み、ホントやりたい放題。彼と組まされる友紀(女)はいつも頭を抱えております。

さて御子柴は取り調べや捜査に数学のゲーム理論を活用します。私は数学が大の苦手でして、ゲーム理論に関する説明はご容赦ください。スミマセン…。

今回の事件に戻りまして、容疑者の山田は「容疑を否認する」という戦略をとっています。そこで夜中に散歩をしていたと言い張る彼に、御子柴たちはとある戦術をとるのです。

そして御子柴は山田を含む関係者を駒として操る「ゲームマスター」の存在に気づきます。さあ、「ゲームマスター」の目的は如何に⁉ それはプロローグに関わってきます。私、気づかずに読み飛ばしておりました…。読み返してびっくり!お恥ずかしい。






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ