FC2ブログ

記事一覧

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない〜鎌倉の花は、秘密を抱く 谷春慶

シリーズ第3弾。

清一郎と美咲が通う大学では、もうすぐ学園祭を迎えます。書道部では去年書道パフォーマンスをしたらしいのですが、中心となるべき部長の松岡は何やら絶不調。準備は一向に進みません。

最近、美咲は書店のバイトを始めまして、そこでとても魅力的なPOPを書く高校生と出会います。そのPOPに書かれていた字にとても興味を引かれるのです。

一方清一郎の元には不幸の手紙が届くように。恨まれる覚えが多々ある清一郎。自分のことだけならこんな手紙に頓着いたしませんが、最近よく一緒にいる美咲を巻き込むことが心配です。清一郎は超絶な毒舌家で人を寄せ付けませんが、根はホントにいいヤツなんです。

妹の心配をしたり、大嫌いな松岡のお悩み解決に付き合ったり、認知症のおじいちゃんの本探しを手伝ったり、いじめられてるかもしれない小学生をほっとけなかったり…。

やっぱりいいヤツですよね。まあだいぶ美咲に乗せられた感はありますが、美咲だって嫌なヤツなら乗せませんでしょう。

そして今回も清一郎の薀蓄が炸裂。POPで使われていた字、武士が使っていた御家流の話はとても興味深かったです。江戸時代までは楷書(唐様)が超マイナーな文字だったそうで、和様(くずし字)がメジャーだったとか。

で、江戸時代に使われていたのが御家流。武家だけでなく町民にも広がり、寺子屋では楷書ではなく御家流を教えていたんだそうです。ところが明治になって、政府が楷書を公認の文字としたため御家流は廃れてしまったと…。

どうりで古文書が読めないわけだ、と腑に落ちましたよ。現在の環境を考えると御家流はそぐわないと思いますが、ちょっと勿体無い気がしますね。

あと美咲が働く書店についての疑問が一つ。注文品は返品できないとのことでしたが、大概できるよなあと。雑誌などの返品期限があるものとか返品不可の版元が一部ありますけど、うーん、こういう書店もあるのでしょうか?

あ、あともう一つ疑問がありました!「学際」って何でしょう?「学祭」のことかなあとも思ったのですが何度も出てくるし、「学際的」って感じでもない。謎です…。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ