FC2ブログ

記事一覧

路地裏のほたる食堂 大沼紀子

教育実習のため実家のある田舎町に向かった亘。つつがなく実習終えることのみ願う亘ですが、初日に校長から釘をさされてしまいます。なぜなら彼はその田舎町では悪童としてとてもとても有名だったのです。

亘が不良だったわけではありません。理由はもっと幼少の頃にあります。彼が4才のとき、友人宅のベランダに置いてあったレンガを外へ放り投げてしまったのです。亘は危険だと教えられたレンガを排除しようとしただけなのですが、それはもう大騒ぎ。あと5センチずれていたら彼は殺人者となるところでした。苦労の多い子供時代でしたが、殺人者となることに比べたらなんのその。ちょっとのことで人生がガラリと変わる、ホントその通りだと思います。

亘は同じく実習に来ていた幼馴染の結衣と再会。彼女は超マイペース、猪突猛進、秀才で無表情の眼鏡っ娘。平穏無事に実習を終えたい亘はトラブルメーカーである結衣と関わるまいとしますが、彼女はそんなのお構いなし。亘をどんどん巻き込んでいきます。

何に巻き込むかというと、猫缶事件です。この時期、子猫が缶に詰められてあちこちに捨てられ、田舎町の住民を震撼させておりました。まあ亘は帰ってきて早々猫缶を発見しているので、すでに巻き込まれているのですけどね。2人は犯人探しを始めます。

結衣を煽るのが神。屋台ほたる食堂の主人で、東京から来たイケメンのお兄ちゃんです。料理の腕はピカイチですが、何とも謎の多い御仁であります。

そして事件の第一容疑者が、亘と結衣の実習先の高校に通う遥太。少し前に転校してきた超絶美形。彼のあだ名は「炊飯器王子」 なぜなら炊飯器をいつもぶら下げているのです。中にはもちろん温かいごはん。特技のおにぎり占いに用います。占う相手におにぎりを作ってもらい、遥太が食べて占うのですが、これがかなりの的中率。亘も驚きを隠せません。謎多き美少年であります。

ところで、途中不思議に思ったのは表紙のイラスト。何故に亘と結衣ではなく神と遥太なんでしょう?主人公は亘。亘を引っ張り回すのが結衣。普通表紙は彼らですよね。見栄えがするのは神と遥太ですけど、この話ではサブです。

で、読み終わって思い出しました。タイガって全作シリーズものなんですよね。ってことは、この1巻目は序章? 運命的に出会った神と遥太が次巻から大活躍⁉ 実はこの2人、人には言えない重大な体質の共通点があるのです。それがこれからどうストーリーとからんでいくのか非常に楽しみです!



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ