fc2ブログ

記事一覧

教室に並んだ背表紙 相沢沙呼

悩み苦しみ傷ついた少女たちと、彼女たちに寄り添う学校司書の先生のふれあいのお話。

クラスに馴染めていない佐竹さんは図書委員。彼女の憩いの場である図書室に苦手としている三崎さんを見かけるようになる。友人が多かった三崎さんだが、いじめを受けるようになってしまったようで…「その背に指を伸ばして」
誰も来ない図書室で多くの時間を過ごしていた凛奈。しかし図書室に新しい司書の先生が現れ、図書室の仕事を頼んで来るようになる「しおりを滲ませて、めくる先」
国語の課題で読書感想文を提出しなければならなくなったあかね。そんなおり、同じクラスの図書委員が捨てた感想文を拾い、それを利用するためどの課題図書か図書室で調べることにする「やさしいわたしの綴りかた」
2次元キャラの彼に恋をしている萌香。同じく彼が好きで仲の良かった親友が彼を追いかけるのを止めると宣言しショックを受ける「花切の咲くころ」
あるコンプレックスのせいでクラスに馴染めないルイコは、誰もいない教室で絵の練習に励んでいた。その教室に突如ネイル好きの倉田さんが現れ交流が始まる「煌めきのしずくをかぶせる」
クラスの中心人物である星野に物申したことでいじめを受けるようになった衿子。毎日昼ご飯を食べる場所に苦労する日々の中、図書室の司書のしおり先生と知り合う「教室に並んだ背表紙」

少女たちの苦しみが切実で、自分の体験も重なりとても胸が痛かったです。馴染めない教室に毎日通うことがどれだけ苦痛か。

それでも寄り添ってくれる人がいたらまだ救われます。それが各話で登場する司書の先生であり、読書体験も救いの1つとなるのです。

そしてそのことがいじめを傍観していた子たちの背中を押して…。結果どうなったかは分からないですが、きっと良いようになったと信じたい!!



教室に並んだ背表紙 (集英社文庫)






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ<










関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ