fc2ブログ

記事一覧

私立シードゥス学院III 小さな紳士と秘密の家 高里椎奈

完結巻。

学生の1人が倒れ閉ざされた食堂。歪んだ友情が巻き起こす騒動を描いた「君がいるから」
音楽部門では作曲で競われる文化祭。しかし別々の場所から同じ主旋律が聴こえてくる「鏡の国の旋律」
特別寮の寮長早乙女を崇拝する角崎の奮闘と成長を描いた「狂騒協奏輪舞曲」
生徒会長の吉沢に悪霊退治のため墓地に連れていかれた獅子王。一方青寮には獅子王を訪ねてきた客たちに対し、弓削たちが奮闘する「家」

先にも書きましたが完結巻。他シリーズが長いためまだまだ続くと思っていたので驚きました。残念です。

まあしかし、シリーズが続く限り彼らに平和な学院生活は望めないわけで、彼らのためにはこれで良かったのだと思うことにします(泣)

そして最終巻も瀬尾寮長の活躍がすごかったな(笑)


私立シードゥス学院III 小さな紳士と秘密の家 (角川文庫)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ