fc2ブログ

記事一覧

女子大生つぐみと邪馬台国の謎 鯨統一郎

シリーズ第2弾。前巻読んだのが前すぎて内容をほとんど忘れていたので、掘り起こして最後の方だけパラパラと読み直すことに。神武天皇と草薙の剣の何とも壮大な説でございました。

主人公つぐみを一時預かっていた圭介は、アレキサンダー大王の研究者。今は邪馬台国近畿説の第一人者菅原に請われて研究を手伝っています。

邪馬台国の場所=金印のある所、というわけで皆金印の発見に躍起になっているのですが、何と圭介より「金印を発見した」という知らせがつぐみの元に!

ところがつぐみの所に警察より悲しい知らせが…。真実を求めてつぐみは菅原とともに調査を始めるのでありました。

「邪馬台国はどこですか?」を読んでいれば、邪馬台国がどこにあったか自ずと分かってしまいます。何しろこのお話の登場人物早乙女女史や三谷教授らが出てきますしね。

「邪馬台国はどこですか?」では邪馬台国〇〇説の解説がもう少し多めだったような気がします。でも□□□ってとこまでまで絞ってはいなかったような?読んだのが随分と前なので忘れてしまいました。

本当に邪馬台国見つかったらいいですね。いや~、歴史ってロマンだなあ。








にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ