FC2ブログ

記事一覧

六の宮の姫君 北村薫

シリーズ4作目。再読です。

《あれは玉突きだね。……いや、というよりはキャッチボールだ》
芥川龍之介が言った『六の宮の姫君』に関するこの言葉を、バイト先の出版社の関係で会った文壇の長老から聞いた時、大学四年生の《私》の謎解きが始まります。《私》の卒論のテーマはずばり芥川龍之介。なんと羨ましい。

驚くべきは《私》があたってゆく本の数です。そしてたくさんの本からの引用により芥川の人柄、交友関係が浮き彫りになっていきます。本来たくさんの文献を読まねばならぬところをこの一冊で済んでしまう。さらに小説も楽しめるという、なんというお得感!

さらに《私》の本から本へ、何かに導かれるように文献を読み漁っていく姿は、こちらの知的好奇心をうずかせます。もしこの本を読んだのが私が卒論を書く前なら、もうう少しマシな論文が…、というかテーマすらだいぶ変わっていたかもしれません。せっかく文系ならなんでもありの学部に行ったのに、卒論が書きやすそうということでゼミを選んでしまった私。《私》のように自分が興味を持った謎を探してテーマにしていれば、もう少し楽しく卒論を書けていたでしょうか。ゼミ選択の前にこの本と出会えなかったことが悔やまれます。

このシリーズでいつも探偵役を演じる落語家円紫さん。今回は良きアドバイザーに徹しています。日常の中に潜む謎を鮮やかに解き明かす円紫さんに興味を持った方は「空飛ぶ馬」を、社会人となった《私》が気になる方は「朝霧」をぜひ読んでみて下さい。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ