FC2ブログ

記事一覧

三軒茶屋星座館 秋のアンドロメダ 柴崎竜人

ついにシリーズ最終巻!

前巻の最後に自分が月子の父親であると言う男が現れるのですが、これがとんでもない男でして、和真たちは危機感を募らせます。

そんなおり、月子の和真に対する態度に変化が。和真がいくら話しかけても無視してくるのです。おお、これは反抗期か!と思いきや、和真以外にはいつもの可愛い素直な月子でして、和真いったい何をしたんでしょうね。

月子の身が危険だということで、月子の母の父親、つまり月子の祖父である三枝(元警察官僚で現在は政治家)にも協力してもらおうとしたのですが…。

なんと月子が件の男に連れ去られちゃいます!!!!

和真と仲間たちは平穏な日常を取り戻せるのか、もうハラハラドキドキでありました。やっぱり3巻の時のように誰かが欠けるのはもう嫌ですからね。

命懸けで敵の本拠地へ殴り込む和真と保科(星座館常連のヤミ金業者さん)と保科の名もなき部下さんたち、カッコよかったです。

物語が怒涛の展開を迎える中でも、和真のオモシロギリシャ神話解説もたくさんあります。今回はエチオピア系の神話(ペルセウスやカシオペアなど)やゼウスが神々の頂点となる前のお話でした。
私はアフロディーテの生誕秘話(?)がもう衝撃で…。ショックでしばらく立ち直れません。








にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ