FC2ブログ

記事一覧

時をかける眼鏡 兄弟と運命の盃 椹野道流

マーキス王国に帰って来た遊馬。ほっとしたのもつかの間、マーキスを嵐が襲います。日本の台風みたいなものです。

遊馬は今まで被災したことはなかったものの、日本にいたとき得た知識を最大限に発揮し大活躍です。

避難所に炊き出し、救護室の設置などを発案。日本では当たり前のことでもマーキス王国では初めてのことばかりでして、それを苦心しながら協力して成し遂げていく経過が面白かったです。

嵐が去り復興に向けて頑張ろうとしていた矢先、牢の地下から死蝋化した死体が発見されます。

この方はマーキスを守った英雄として伝説となっていた王子様でして、大々的に葬儀が執り行われることになるのです。

本を読んでおりますと時々死蝋化した死体というのが出てくるのですが、死後直後の状態を保ったまるで生きているような死体、というイメージでした。

が、保存状態が変われば腐敗が進み、もろく崩れやすいのだとか。つまり簡単には移動させることができないんですね。カチンコチンになっていると思っていたので意外でした。勉強になります。





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)