FC2ブログ

記事一覧

星に願いを、そして手を。 青羽悠

宇宙に憧れを持つ幼馴染4人が、思い出の場所科学館の館長の死をきっかけに再会いたします。

その思い出の場所である科学館の閉館が決まり、館長の孫と一緒に科学館のために活動しつつ、絆を新たにするお話です。

著者が16歳の時に書き上げたということで話題になっております。読み応えのある話とは言えないかもしれませんが、将来のことを思い描いている若い子にしか書けないお話かもしれません。

私のようなスレきった人間には何とも面映ゆいです。

同じように宇宙に憧れていた4人ですが、行先は別れております。

挫折して役所に勤めている祐人。大学院で宇宙の研究を続ける理奈。ブラネタリウムがある科学館に勤める薫。実家を継いで趣味で宇宙の勉強をしている春樹。

祐人以外は宇宙と関わっておりますね。ただ1人宇宙から離れてしまった祐人はどうなるのでしょう?

著者の青羽さんも宇宙が好きで、なんと現在は京都大学で宇宙について学んでいるのだそうです。青羽さんのこれからも非常に気になるところです。

難をいえば、語り手が3人いるのですが、切り替わった直後誰かすぐに分からないこと。ちょっとストレスでした。伊坂幸太郎さんみたいにマークをつけるなりして欲しかったです。






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)