FC2ブログ

記事一覧

闇に香る嘘 下村淳史

下村淳史さん初読みです(^_^)

40代で失明した主人公。彼は妻と離婚して一人暮らしをしています。一人娘の由香里がいますが、諸事情あって疎遠です。

孫娘夏帆は腎不全を患い、人工透析が欠かせません。母親である由香里の腎臓を移植しましたが失敗してしまいます。そこで由香里が主人公の元へ腎臓移植を頼みに来るのですが、彼の腎臓の状態が悪く、残念ながら移植できませんでした(._.)

そして主人公は彼の兄竜彦のところへ腎臓移植のことを頼みにいきます。ですが竜彦は断固拒絶。背中の傷跡が記憶と逆なことから、兄が偽物ではないかと疑念を抱くようになります。

竜彦とは戦時中満州で生き別れ、彼は中国人に育てられました。いわゆる中国残留日本人孤児です。

主人公は調査を始めますが、なんと謎の男から「自分が本物の竜彦である」という電話がかかって来るのです!

何しろ語り手である主人公は盲目なので、読み手にも視覚を除いた四感の情報しか入ってきません。

なんと目から受け取る情報の多いことか!

そして闇の世界では、悪意に気付きにくく善意が悪意と認識されてしまいます。目が見えない世界がこんなに曖昧模糊としているとは…。

それに中国残留日本人孤児のこと。正直「昔TVで見たなあ。」という認識しかありませんでした。

中国にいるときも、訪日調査についても、日本に帰ってきてからも苦労の連続。フィクションとはいえその一端を知れたこと、とても良かったと思います。

もちろん、江戸川乱歩賞を取っただけあってミステリの方も面白かったです(>ω<)

最後に、タイトルの嘘がとても優しい嘘であったことにホッとしました(*^_^*)




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ