FC2ブログ

記事一覧

ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち 三上延 

なんと!栞子と大輔が結婚してました!しかも子供が産まれている!!もうすぐ6歳の扉子です。外見は栞子そっくり、本が大好きなところもそっくり、本が好きすぎて友達がいないところもそっくり…、というちょっと最後は心配なところのある扉子ちゃんであります。

もっと人間に興味を持ってもらおうと、栞子が扉子に古書が引き起こした出来事を語ってあげるのが今作。懐かしい人たちが登場いたします。(旦那の大輔は海外出張中)

一章には坂口御夫妻。旦那さんには銀行強盗の前科があり、このときの怪我で視力が本が読めないほどに低下しています。彼らのもとに子供が産まれ、絶縁に近かった姪がお祝いに訪れるお話。本は北原白秋の詩集です。

ニ章はゲーム雑誌のお話。急死した息子との思い出の本を探す依頼を受けるのですが、このとき店番のアルバイトをしているのが高校生の玉岡くん。宮沢賢治『春と修羅』の事件で知り合った子です。あと同業者で栞子と大輔が世話になっている滝野ブックスの店長、蓮杖も登場します。

三章には栞子の妹文香と友人奈緒。それとホームレスのセドリ志田が出てきます。橋の下にいつもいた志田が突如いなくなってしまうのですが、彼が残した佐々木丸美『雪の断章』を巡るお話です。

四章はつい最近のお話。7年前にシェークスピアのファーストフォリオの件でいろいろあった舞砂道具店。ビブリア古書堂を逆恨みしている息子のほうが出てきます。本は内田百閒『王様の背中』

お話の合間に栞子と扉子は大輔がなくした青いブックカバーのかかった文庫本を探しています。最後にこの本の正体が分かったとき、「なんだよ、7年たってもラブラブじゃねーか!」とニヤつきながら心の中で突っ込んだのは私だけではありますまい。





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ