FC2ブログ

記事一覧

京都伏見・平安旅館 神様見習いのまかない飯 遠藤遼

仕事も恋人も失い、「そうだ、京都へ行こう」的な感じで京都へやって来た彩夢。早速、伏見稲荷へと向かいます。

そこでイケメンだけど神様の見習いだとのたまう真人に声をかけられ、彼の見習い巫女を押し付けられてしまうのです。

この時点では真人は思いっきり不審者ですね。見習いを含む神様はみだりに人間の前で正体を明かしてはいけない、というルールを作ったほうがいいのではと思うのですが、いかがでしょう?

それから彩夢は真人に連れられ平安旅館へ。お客さんは訳ありの人ばかり、というこちらの旅館。女将さんの舞子さんは実はかなりスゴイ方なのですよ。

平安旅館に居候させてもらっている真人ですが、気が向くとまかないを作ってくれます。これがどれも絶品!で、この絶品ご飯が訳あり客の問題解決に一役買うこととなるのです。

離婚を決めた両親の間で明るく振る舞う少年の心を癒やす「まかないハンバーグと折鶴」
彩夢の高校時代の先輩と、ある理由で別れなければならなかった彼の婚約者との間を取り持つ「恋と先輩と自家製スモーク」
学生時代はバレーボール部で共に戦った2人。怪我でプロを諦めた先輩と、プロで活躍する後輩のすれ違う心をつなげる「肉じゃがはビーフシチューの夢を見る」
出張と嘘をつき家出した母親が、受験勉強を頑張る娘のためにお弁当づくりに奮闘する「ちょっと不格好なおにぎり」

以上4編でございます。

どれも心にしみる良いお話でしたが、特に最後の「おにぎり」が泣けて泣けて…。「不格好なおにぎり」て聞いただけでちょっとグッとくるところがありませんか?子供や不器用な人が一生懸命作りましたというのが伝わってくるんですよ。

いや〜、買って良かった。

でも、冒頭彩夢がホテルも予約せずに京都に来てますけど、それは無謀です。悲しいことに、伏見稲荷大社に行ってもイケメン神様見習いが旅館に案内してくれることはないのです。

ご存知かとも思いますが、近頃の京都は大変ホテルや旅館の予約を取りにくくなっております。夜の京都を荷物を引きずりながらさまようのがオチです。ご注意を。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)