FC2ブログ

記事一覧

あなたが消えた夜に 中村文則

東京都市高市にて連続して通り魔事件が発生。1人目と3人目の男性が死亡し、2人目の女性が怪我を負います。

警察は同一犯による連続通り魔事件とし、目撃情報から「コートの男」と呼ばれるように。そんな中、地取り捜査をしていた所轄の中島と捜査一課の小橋コンビが血のついた包丁を持った高柳という男を逮捕します。

高柳が「コートの男」とされ自白に追い込みますが、米村という精神科医が自分が「コートの男」だという遺書を残して自殺。目撃情報と米村の体型が違うことから、捜査本部は高柳が米村の患者であり、犯人しか知り得ぬ情報を得ていたとして捜査を進めていくのです。

これに違和感を覚えた中島と小橋は、一部の捜査員の協力を得て独自に捜査をしていきます。すると無関係と思われていた事件の関係者たちにつながりが見えてくるのです!

事件の様相が最初と最後ではかなり変わってしまいます。登場人物たちが大なり小なり闇をはらんでおりまして、狂気が満ちている感じがいたしました。

そこで、その歪んだ雰囲気をふっ飛ばしてくれるのが小橋さん。彼女が甘味をパクつく姿に心が和みます。中島の上司の係長と「冴えない刑事が恋してる〜」のくだりは楽しかった…。

ですが!一番このお話の中で狂って歪みまくっているのは警察組織!事件を解決することより自分の思惑通りに終わらせることにご執心。

つい先日読んだ伊坂幸太郎さんの「火星に住むつもりかい」を思い出してしまいます。平和警察に危険人物と言われたらそうされてしまうように、警察にこいつが犯人だと思われたら犯人にされてしまうという…。

こう平々凡々な生活を送っていると思っていても何が起こるやら分かりませんね。平穏な生活が続きますように…。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ