FC2ブログ

記事一覧

火星に住むつもりかい? 伊坂幸太郎

「平和警察」なる組織が作られ、「安全地域」に指定された場所では、「危険人物」を犯罪が起こる前に逮捕し公開処刑する、というとんでもないことになっている日本でのお話です。

「平和警察」に寄せられる市民からの情報をもとに「危険人物」を探し出し逮捕する、ということになっているのですが…、これが「平和警察」の心次第。冤罪、証拠の捏造、隠蔽、拷問、自白の強要なんでもあり。

自白しないとき、親とか子供など大切な人が連れてこられ脅されます。そして自白してもうこれで終わりかと思いきや、「仲間は誰?」と聞かれ、誰かの名前を言うまで拷問は続くのです。

積読本の中から気軽に手に取ってしまったのですが、気軽に読める内容ではありませんでした。冒頭はずっともう怖くて怖くて…。なかなか読み進むことができなかったです。

でも「平和警察」に立ち向かわんとする人たちもいるのですよ。その中でも抜きん出ているのが「ツナギの男」。謎の武器を駆使して「平和警察」に捕まった人を助けます。「ツナギの男」と「平和警察」の捕物合戦が始まるのです!

そしてこのお話をいい感じで引っ掻き回してくれるのが金子ゼミという存在であります。詳しいことはネタバレになるので書けませんが、金子センセはかなりの曲者です。

タイトルの軽い感じとは打って変わって、重いお話です。登場人物も多いですし心してかかったほうが良いかと。公開処刑に高揚する人々、「平和警察」に感化されていく地元警察。ほとんどの人が「平和警察」を信用し、疑うことなく「危険人物」と思い込み、拷問・処刑やむなしと考えているのです…。

日本もこんなふうになってしまう可能性があるのてしょうか?







にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ