FC2ブログ

記事一覧

臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 古野まほろ

シリーズ第2弾。

客観的真偽と主観的ウソホントを、対象者の発言から瞬時に読み取れる才能(本人曰く障害)を持つ唯花。彼女のもとにABXなる人物から殺人予告状が届きます。

予告どおり、赤坂で高校生の芦屋(A型)、分倍河原で准教授の尾藤(B型)と殺人事件が発生。唯花はアシスタントの晴彦とともに関係者の話を聞き、犯人を追い詰める、といったお話であります。

かの有名なアガサ・クリスティの「ABC殺人事件」のオマージュ。日本では「ABC」の「C」が難しいですから、血液型を加えて
「O」に変えたのですかね?

そこで「ABO」じゃなくて何故「ABX」?と思われる方もおられるでしょうが、この「X」が重要なのですよ。

でもせっかく舞台が日本なのですからアルファベットではなくひらがななんてどうでしょう?

「あいう殺人事件」

なんか違いますね。それでは…

「いろは殺人事件」

お、なんかちょっといい雰囲気ではないですか?いや待てよ。「ろ」ってどうなんでしょう。地名は六本木で良いとして、名前はどうしたものか…。

昔読んだ漫画に六反田くんっていたような気がするのですけど。ってことでちょっとググってみました。結構ありますね〜、って思ったら聞いたことのない名字ばかりでした。「六郎面」さんとか由来がスゴイ気になります。

読者側からすると唯花さんが晴彦くんに好意を抱いているのは自明のことなのですが、晴彦くんは全く気づいておりません。

晴彦くんの発言に対してついつい判定してしまう唯花さんが可愛らしい。

「真ーホントー素直で好き」

とか言っちゃって、こちらが赤面してしまいます。でも晴彦くんがそこを突っ込まないので、残念ながら今回2人の関係はあまり進展せず。次巻に期待であります。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)