FC2ブログ

記事一覧

肉小説集 坂木司

豚肉の部位に関連した短編集でございます。

自称武闘派の男が、潜伏先の沖縄のとある店でこれまでのことを振り返る「武闘派の爪先」
結婚を目前にした男性が、彼女の父親の味覚やセンスについていけない「アメリカ人の王様」
男子中学生が道端で出会った女性に理想の母親像を思い描く「君の好きなバラ」
歯の間に食べ物がよく詰まってしまう男性が悩む「肩の荷(+9)」
男子大学生がひょんなことから憧れの先輩の家に行き、ヤラせてもらうために面白い話を語り続ける「魚のヒレ」
ハムが愛する少年が生ハムが大好きな少女に出会う「ほんの一部」

以上6編でございます。

タイトルと表紙からして美味しい料理のお話か、と思っていたら全然違いました(笑)

まず、「君の好きなバラ」と「ほんの一部」の主人公たちのお母さんは料理が下手。「ほんの一部」のお母さんにいたっては、良い素材も彼女が手を加えるとビミョーな代物に変化してしまいます。

かわいそうに、主人公の少年はご飯をろくに食べられず、お母さんに食が細いと誤解され病院に連れて行かれてしまいます。お母さん、味見しないのですかねえ?

「武闘派の爪先」と「アメリカ人の王様」に関しては、おそらく美味しい料理なのですが、主人公たちにとっては好きではないものなので描写がビミョー。

「肩の荷(+9)」では歯に詰まることが気になって食事が楽しめてません。あ、でも部下の人が作ってくれた柔らかく煮込んだ「豚の味噌煮込み」これは美味しそうでした!

上司のために作って来てくれたんですよ。しかも男の子。思いがこもっていてなんだか泣けてきました。

食べ物よりも、どちらかというと少年から中年までの男たちが右往左往するのが面白いお話でした。ただ「武闘派の爪先」の男はクズすぎて苛つくだけでしたが…。

「ほんの一部」はもうホントに衝撃的でしたよ。凄く壮絶に官能的です。

主人公は小学生ですが、ある事件が起きて少女が足に怪我をしてしまいます。流れる血を拭いてあげたいけど手がふさがっている。さあどうしよう?って時にした少年の行動がもうっ…!

この少年、成長したらどうなるやら。とても
蠱惑的な子になりそうな気がしてなりません。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)