FC2ブログ

記事一覧

スカーレット・ウィザード6 茅田砂胡

シリーズついに最終巻。前巻のラストより少し時間が戻ります。

さて前半は、ジャスミンの心の中では葛藤があるものの、今までと比べればいたって平穏。親子3人の団欒を満喫し、ヴァカンスを楽しみ、さらにジャスミンは銀星ラナートという超美形で、超有名な海賊の船にご招待されちゃってます。(周囲に「浮気かっ!?」と噂れる始末)

後半はクーア財閥会長となったケリーの活躍と怪獣夫婦の一粒だねダニエルの成長が楽しめます。

そしてそして、ついに黒天使ルウの登場!彼の出身地は幽霊星と呼ばれ、人外生物ラー一族が住まう人がたどり着くことのできない星…、なのですがケリーは一度行ったことがあります。さすが海賊王!

破滅をもたらす存在と予言されたルウは迫害され、監禁されているのですが、ただいま絶賛家出中。しかもその家出が他の一族にはバレていないという、すご〜い力の持ち主なのです。

彼にとっての太陽と月を探すのが目的なのですが、「デルフィニア戦記」を読んだ人ならこの2つの存在が誰かなんてすぐ分かります。私も読んでいる間、どうにも顔が緩んでしまいました。

ダニエル経由で知り合ったケリーとルウでありますが、ルウの異能力を目の当たりにしても、性別が変わっていてもすんなり受け入れるケリーの旦那にはルウ本人も呆れる始末。

茅田さんの話って規格外の登場人物が多いのですよ。まあそれが楽しいのですけども、ダニエルことダンが普通の人扱いでなんとも…。

両親やルウ以外にも、彼の周りには規格外な人たちがこれから増えていきます。動揺し、拒絶しながらも最後には頑張って(諦めてか?)受け入れ、彼らに関わる騒動に巻き込まれても対応できる能力を持つダンはすごい人なんです!

ただ、他が規格外すぎるだけなんです!!

私はこれからもダンを応援していきます!!

「暁の天使たち」へと続きますが、こちらはいつ文庫化されるのでしょう? 私はここからリアルタイムでノベルスを買っておりますので問題ないのですが、この文庫でシリーズにハマってしまった人はきっと文庫化は待てないでしょうねえ(笑)




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)