FC2ブログ

記事一覧

京都西陣なごみ植物店 仲町六絵

植物の探偵を名乗る女の子が、府立植物園の新人職員を助手にして植物にまつわる謎を解く連作ミステリです。

母娘の依頼で上下逆さに咲くチューリップを探す「逆さまのチューリップ」
歴史カフェの店長の依頼で信長ゆかりの食材を探す「信長公のスイーツ」
恋人の作った短歌の、思い出の花の色の違いに悩む女性の依頼を受ける「さそり座の星」
友人が何気なくSNSに上げたことが、事件を呼び寄せる「紫式部の白いバラ」
祖父から出された謎解きに頭を悩ませる子供たちを手伝う「蛍の集まる草」
染物職人の女性の亡き父が見出した、茜色に布を染める桜を探す「桜に秘める」

以上6編となっております。

「紫式部の白いバラ」以外を除けば、和む話ばかりです。お話ごとに登場した植物のイラストが載せてあるのがとても有り難く、いちいちググらなくても良い仕様になっております。

探偵役の実菜が不思議ちゃんでして、彼女のマイペースぶりが終始目立っておりました。何しろ初めて会ったと思われる府立植物園職員の神苗を助手候補にしてしまいますからね。

姉の花弥が営む花屋の関係で府立植物園が馴染みの場所とはいえ、それはいかがなもの?と私心配になってしまいましたよ。実はこっそり影から神苗のこと見てたりしてたとか…?

どうやらお互い好意を抱いていると思われますが、植物の謎とともに2人の関係も気になるところであります。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)