FC2ブログ

記事一覧

羊と鋼の森 宮下奈都

本屋大賞受賞作が文庫化したので読んでみました。

高校の体育館のピアノを調律しに来た板鳥との出会いがきっかけで調律師となった外村。調律師の学校を卒業後、板鳥と同じ会社に入社し、板鳥のような調律師目指して精進しております。

そして調律師になってからも人生を変える出会いがございまして、それは双子の高校生の片割れ和音との出会いです。和音のピアノを聴いて、彼女のために調律したい!と思うようになるわけです。

不器用で愛想もない外村ですので、担当替えを申し出られることもしばしば。しかし、山育ち故か素朴で忍耐があり、何よりピアノに対してとてもとても真摯なのであります。私は外村が大器晩成型ではないかと思うのですが、これいかに?

私も外村を見習いたいものですが…、すきあらば惰眠を貪ろうとする私には無理でしょうねえ。

調律師のお話だけに、音が素晴らしい文章で表されております。がしかし、私の無教養故かどうしても音ではなく絵でしか思い浮かばないのです。是非とも板鳥さんの調律したピアノの音を聴いてみたいものです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)