記事一覧

スカーレット・ウィザード5 茅田砂胡

一日千秋の思いで続きをお待ちしておりました。

こちらは「暁の天使たち」など茅田さんの長〜いシリーズに登場する怪獣夫婦の出会いのお話です。

共和宇宙において知らぬ者はいないクーア財閥の総裁となったジャスミンは、子供を産むために種馬(!)探しを始めます。

目をつけられたのは、関係者からキングと呼ばれる海賊のケリー。元軍人のジャスミンは愛用機のクインビーでケリーをとっ捕まえて、2人は期間限定で晴れて夫婦となるのです。

怪獣夫婦は、欲にまみれた悪党どもをバッタバッタとなぎ倒し、まあいろいろありながらも愛息ダニエルが産まれました。

しかし!前巻の最後で大切な仲間を殺され、ダニエルが連れ去られてしまうのです!!その前巻が発売されたのが2015年11月…。

長かったっ…!

で、ようやく愛息を助けに行ける母ジャスミンはダニエルが捕まっているクーア財閥の要塞であり新社屋でもあるガーディアンに挑むのです。

このガーディアンですが黒玉と呼ばれたり、たまねぎと例えられたり散々ですが、とっても手強い。

映画撮影と称してガーディアンを呼び出すことになるのですが、その場にジャスミンとケリーはそうそうたるメンバーを集めます。集められた人々は皆思うのです。「撮影じゃなくて作戦の間違いだろうっ!」

戦闘シーンはもう大迫力!ほんと楽しめました。

ダニエルを無事取り戻し一件落着と思いきや、最後に悲しいお別れが…。私は後の話を先に読んでしまってますので知ってはいましたけども、目がウルウルっとしてしまいました。

しかしですよ、はたと気づいたのです。その後のシリーズでの怪獣夫婦のご活躍を知っているからこそこの程度で済みましたが、知らんかったら私の涙腺は崩壊していたに違いないのです。

今さら言っても仕方のないことですが、リアルタイムで読みたかった!!

今回、続きの第6巻はすぐに発売されるとのこと。嬉しい限りです。まだ重要人物の黒天使が出てきてませんからね。楽しみです。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)