FC2ブログ

記事一覧

五覚堂の殺人〜Burning Ship〜 周木律

シリーズ第3弾。今回の舞台の五覚堂は五角形の建物が複数連なった形をしております。いつもながら表紙のイラストとだいぶ違います。

そしてこの建物、フラクタルがモチーフとなっているのですが、根っからの文系者の私には説明不能なので、興味のある方はネットで検索お願います。

さて、天才数学者善知鳥神に導かれ五覚堂にやって来た十和田は、監視カメラの映像を見せられます。なんと五覚堂にて殺人事件が起きたというのです。しかも密室。

もちろん監視カメラは犯行現場を撮っていたわけではありません。現場となった2つの礼拝堂ではなく、大広間と談話室での会話が撮られているのです。もちろんみんなに内緒で。

集められていたのは志田幾郎のお身内。彼は資産家であり、医師、数学者を経て哲学者となった有名人でありました。先日亡くなった彼の遺言を発表するというのてす。

そんな所へ、同じゼミの学生志田悟の付き添いとして宮司百合子はやって来ます。

彼女は前巻で活躍した宮司警視正(警視からのご出世おめでとうございます)の妹さん。兄に十和田のサインをお使いで頼むなかなかの猛者です。

善知鳥神によると百合子は被害者であるらしいのです。うわー、何それ!?という感じで百合子を案じながら読破いたしました。

五覚堂の謎は解けたものの、宮司兄妹のご両親の命を奪った20数年前の事件については謎が深まるばかり。善知鳥神もいったい何が目的なのやら。十和田も謎が多いし、このシリーズはホントに謎だらけですねえ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)