FC2ブログ

記事一覧

双孔堂の殺人 周木律

シリーズ第2弾。

警察庁に勤める宮司警視はY湖のほとりに建つダブル・トータスに向かいます。その理由が溺愛する妹百合子のお使いで、そこを訪れている数学者十和田のサインをもらいに行くというから驚きです。

さらに警察官が車を走行中に携帯電話でお話してますけどっ!? いや~、驚きの連続です。って、こんなことに驚かされてもしょうもないので先を急ぎます。

ダブル・トータスに到着しますと赤色灯がチカチカしております。なんと中で人が殺されたというのです。そして警察に連行されていくのは十和田ではありませんか!

彼は犯行を自供したとのことですが、これって絶対十和田は犯人じゃありませんよね?だって続きが結構出てますもん。まさかレクター博士みたいに牢屋の中でご活躍ってことはないでしょう。

で、真犯人を探すのは宮司警視のお役目です。愛する妹のために捜査に乗り出すこととなるのです。

眼球堂のとき同様、ダブル・トータス(双孔堂)もまた奇抜な構造をしておりまして、簡単にいえば持ち手に穴の空いた鍵型の建築物が柱で縦につながっています。

鍵穴に差し込む長い部分は2列の長〜い廊下。走るのが大好きな人には打ってつけですね。雨が降ろうが雪が積もろうが、それこそ台風が来ようがいつでもランニング可能です。(湖の増水には要注意ですけどね)

数学者が出てくる話ですから数学の話もたくさん出てきます。ポアンカレ予想に超ひも理論。どちらも私にはちんぷんかんぷんでございました。ただ超ひも理論は「教団X」にも少し出てきたのですが、半歩いや四分の一歩理解が進んだかなあ、と思います。

眼球堂に引き続き登場した善知鳥神を始めまだまだ謎の多い堂シリーズ。続きはすでに購入済。楽しみです。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)