FC2ブログ

記事一覧

うちの執事に願ったならば2 高里椎奈

シリーズ第11 弾。

美術館への実習見学に行くことになった花穎。そこで絵のすり替えが起こる「月に願いを」
ヴォルコフ家での晩餐会で事件発生?天照ホールディングス生天目会長を皮切りに多くの人が倒れる「魔女の行方」
烏丸家の従者兼使用人頭の峻が、真夜中の屋敷で聞いた謎の足音の正体とは?「キャットウォークの謎」
ヴォルコフ家の依頼で生天目家の美術品の鑑定を手伝うことになった花穎。現場で一枚の絵が破壊され、その犯人にされそうになった衣更月を救うため、花穎が謎を解く「主人と執事と煉瓦道」

以上4話となっております。

読み終わってまず思ったこと、それは「上流階級、怖っ」です。

上流階級の皆さま方はは自分の家のためなら嘘もつくし犯罪を見逃します。階層の底辺にいる私なんかには分からないルールで動いていらっしゃるのですよ。

ひとりやふたりならともかく、晩餐会みたいに大人数でこのルールで動かれると怖いったらないです。上流階級、それはもう私にとっては別世界というより別次元でございます。

さて、今回衣更月の新たな特技が発覚。それは花を模ったサンドウィッチを作ること。私は想像できずにググったりしたのですが、それらしき画像が出てこない…。あぁっ、気になる!花の形したサンドウィッチってどんなんっ!?




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ