FC2ブログ

記事一覧

ハケンアニメ 辻村深月

「ハケンアニメ」と言われて「派遣アニメ」と漢字変換する方結構いると思います。私もそうでありました。実は違って漢字変換すると「覇権アニメ」となります。

1クール、あるいは年間でDVDなどの映像ソフトが一番売れたアニメを「覇権アニメ」というのだそうです。

およそ3部構成になっておりまして、それぞれアニメに関わる3人の女性が主人公になっております。

まずはスタジオえっじの有科香屋子プロデューサー。9年前伝説のアニメ『光のヨスガ』を生み出した憧れの監督王子千晴(超イケメン)と仕事をすることに。

タイトルは『運命戦線リデルライト(仮)』魔法少女ものです。ん?最後の(仮)って?そう、タイトル決定する前に王子監督が行方不明になっているのです。放映前から『リデルライト』大ピンチです。

次は大手トウケイ動画で働く斉藤瞳監督。『リデルライト』と同クールで『サウンドバック 奏の石』略して『サバク』を手がけます。こちらはロボットアニメです。

『リデルライト』は深夜枠ですが、『サバク』の放映時間はお子様たちも視られる夕方。期待大です。

ですが、瞳さんは人付き合いが苦手なのか声優陣とギクシャク。イベントなど派手なことが好きな行城プロデューサーに振り回され気味、と暗雲が漂ってまいります。

最後はアニメ原画スタジオファインガーデンに勤める並澤和奈さん。『リデルライト』『サバク』共に携わっています。

彼女の会社は新潟県選永市にあるのですが、なんと選永市が『サバク』の舞台のモデルとなっていたのです。

そこで市の観光課職員の宗森に頼まれて、聖地巡礼スタンプラリーのお手伝いを嫌々することに。アニメのことをよく知らない宗森の発言に始終イライラ。こちらも前途多難なようです。

アニメ業界って大変そうだなあ、などと思ってはおりましたが、そうだなどではなく大変、というか過酷ですね。アニメ業界を夢見る人がこの本を読んで夢へと邁進するか、はたまた二の足を踏むか…、さあてどちらでしょう?

ところで、王子、行城、宗森の男性陣ですが、宗森はともかく後の2人は最初は酷かった。どっこい読み終わってみると3人とも格好良かった!

とくに行城は、はじめはこの人と一緒に仕事したくないなあ、という感じでした。しかし!頼りになるんですよ、彼。彼がいることでの安心感がハンパなかったです。でも彼の形容で「イケメン風」ってなんか酷いと思うのですけど、どうでしょう?




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ