FC2ブログ

記事一覧

水族館の殺人 青崎有吾

シリーズ第2弾。

またまた続巻が出てしまい慌てて積読本から発掘してまいりました。前に読むのが楽しみとか書いていながら半年も経っちゃいましたよ。

さあ、夏休みです!

柚乃は部活で青春の汗を流し、裏染は16度に冷やされた「百人一首研究会」の部室で惰眠を貪っております。

そして裏染の幼馴染、香織が部長を務める新聞部は、地元民に密かに人気の横浜丸美水族館にいざ取材。当然起きます殺人事件。このタイトルでなにもなかったら詐欺ですけど。

関係者のひとりが鮫に喰われます。現場は血の海。遺体の半分は鮫のお腹の中…。えぐいっ…!えぐすぎるっ!!

そして容疑者は11人。アリバイが崩せず、警察は裏染を召喚しようとするのですが、当然無視です。さすがダメ人間。警察の言うことなんか聞きゃしません。

彼を動かすのは、そう、クーラーです!裏染は壊れたクーラーのために立ち上がるのです!!相変わらずの駄目人間ぶりがちょっと嬉しい。不思議ですねえ。

今回裏染の複雑な家族事情が垣間見えます。なんと中学生の妹が登場。彼女の趣味にどうにも危ない香りを感じたのですが、私だけでありましょうか?

さて前回と同じく作者からの挑戦状がありましたが、青崎さんのお言葉に甘えてスルー。たくさんの積読本が待っているので読み返す時間がないのです、スミマセン。

体育館のときも思いましたが、登場人物ひとりひとりの行動が緻密に組み立てられてました。この組み立てを自分でやったら気が狂いますね、きっと(笑)

推理はもちろん、犯人を言い当てることもできず…、無念であります。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)