FC2ブログ

記事一覧

鹿の王2 上橋菜穂子

急展開をみせる2巻目です。

冒頭から鷹狩に集まったお偉い人たちが犬の群れに襲われます。噛まれた人が多数出て黒狼熱の症状が…。ホッサルたちはてんやわんやです。

そして、発病した人たちの経過をみると、どうやらアカファ人は黒狼熱の免疫をもともと持っているようなのです!それは何故なのか?そして最初の発症例が見られるユカタ平原と平原から追いやられた火馬の民。馬とともに猟犬を飼いならす彼らは黒狼熱と関わりがあるのか?ホッサルは調査を命じられます。

ヴァンの方はというと、世話になっていたオゥマのところに犬の群れが現れ襲ってきます。ヴァンは彼らと戦っている最中、犬たちと同調し人としての意識が薄れていくことに気付くのです。

その後谺主というお人からの呼び出しを受け、彼の住む洞窟へユナとともに出向くのですが、ユナが大変なことに‼

いろいろと教えてくれる谺主は敵ではなさそうですが、2巻目に入っていろんな人の思惑が錯綜してまいりました。ややこしくなってきそうです。

そしてまだ「鹿の王」は出てきません。焦らしますねえ。では3巻いきます。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)