fc2ブログ

記事一覧

わたしの美しい庭 凪良ゆう

小学生の女の子百音は統理と暮らしています。統理は百音たちが住むマンションの管理人であり、屋上にある神社(縁切りにご利益あり)の神主であり、同じく屋上にある庭園の庭師であり、翻訳家でもあります。そして百音と統理に血の繋がりはありません。隣の部屋に住む路有は統理の友人でキッチンカーでバーを経営。3人は協力し合い楽しく暮らしています。同じマンションに住む統理の幼馴染の桃子が、百音たち3人に語る高校時代の坂口...

続きを読む

左京区七夕通東入ル 瀧羽麻子

理系男子が満載な恋愛青春小説です。京都の大学の文学部に通う花は、就職も決まり後は卒論を書いて卒業するだけ。私から見たらキラキラキャンバスライフを送っている女の子です。そんな彼女が友人のアリサに誘われ合コンに参加いたします。そこで何と遅れてやって来た理学部の龍彦に一目惚れ。しかし彼は数学に夢中で時には寝食を忘れる程なんです。そんな龍彦に少しでも近づこうと悪戦苦闘する花はいじらしく、「龍彦の朴念仁がっ...

続きを読む

文豪たちの怪しい宴 鯨統一郎

バー「スリーバレー」にて文学部教授曽根原と、バーテンダーのミサキ、『邪馬台国はどこですか?』にも登場する宮田で文学作品の謎解きをしていきます。実は百合小説だったらしい「こころ」何故か残虐非道なはずの王がすぐにメロスを処刑しない「走れメロス」何故か銀河鉄道なのに星が出てこない「銀河鉄道の夜」何故か3人も自白する者が現れる「藪の中」曽根原先生が語り手なのですが、まあ上から目線なんです。何とも鼻につく。...

続きを読む

元彼の遺言状 新川帆立

冒頭から主人公で弁護士の剣持麗子の激昂しております。何故なら恋人から贈られた婚約指輪の石が小さいから…。場所はレストラン。フルコースのデザートを食べ終わった後とはいえ、公衆の面前での罵倒は痛すぎる。この主人公ダメかも…というのが第一印象です。翌日ボーナスの減額を上司から通達され、職場を飛び出した麗子は偶然大学時代の先輩と遭遇し、元彼の森川栄治が亡くなったことを知らされます。この栄治がとっても珍妙な遺...

続きを読む

遺跡発掘師は笑わない 三体月の呪い 桑原水菜

シリーズ第 14弾。今回の舞台は和歌山県熊野古道でございます。発掘現場のバイトに元2.5次元俳優の佐分利(通称サブリン)がおりまして、現場のお姉様方にも大人気。こんなイケメン、萌絵がはしゃぎそうだなあと思っていたら、本当にはしゃいでいましたね。さて無量たちの手により平安時代のものと思われる経筒が掘り出され、その中から巻物と木簡、さらに髪の毛と人形の頭が!!正しく「呪」という感じではないですか。経筒を掘り出...

続きを読む

カササギ殺人事件 上下 アンソニー・ホロヴィッツ

出張から戻ったスーザンは、担当する人気作家アラン・コンウェイの新作原稿を受け取ります。この「アティカス・ピュント」のシリーズは世界中で大人気。スーザンは心躍らせて読み始めるのでありました。イギリスの田舎で地主の屋敷で働く家政婦が不審死をいたします。彼女の息子が村人から疑われ、そのことに心を痛めた恋人がピュントを訪ね助力を乞うのですが、ピュントはそれどころではなく依頼を断ってしまうのです。それもその...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ