fc2ブログ

記事一覧

京都伏見は水神さまのいたはるところ ふたりの新しい季節 相川真

シリーズ第7弾。ひろは大学院生、東京に就職した拓己は京都に戻り清花蔵で働いております。拓己が参加する「若手会」で知り合ったオーナーシェフ充。2軒目にと購入を決めた屋敷の庭がどうにもおかしいという。ひろと拓己が訪ねてみると、朽ちかけた紅葉から女の声がする「秋の衣」ひろの後輩葵より紹介された「恋愛の神様」こと咲耶に拓己とのことを相談することに。しかし話しているとカーンッという音が。聞くと咲耶は丑の刻参...

続きを読む

むかしむかしあるところに、死体がありました。 青柳碧人

誰もが知ってるおとぎ話で殺人事件が起こる本格ミステリ。姫を助けた一寸法師に殺人の容疑がかけられる。しかし彼には鬼の腹の中にいたという鉄壁のアリバイが!「一寸法師の不在証明」頭を石で殴打され絶命した心優しき翁。彼は灰によって花開いたぺんぺん草を握りしめていた。翁が死に際に伝えようとしたこととは?「花咲か死者伝言」借金の取り立てに来た庄屋を殺してしまった弥兵衛。そして弥兵衛の前に人に化けた鶴のつうが現...

続きを読む

エチュード春一番第三曲幻想組曲[狼] 荻原規子

超久しぶりのシリーズ第3弾。正直、おおまかな設定以外忘れてしまいました。すみません。父親の海外転勤にはついて行かず、日本に残ることになった大学生の美綾。そんな彼女の元に迷い犬のパピヨンが現れます。このパピヨンはただのわんこにあらず。八百万神様であられます。人間の言葉を話し、絶賛人間について勉強中とのこと。美綾はこのパピヨンをモノクロと名付け、神様の勉強に協力することになるのでありました。シリーズ第3...

続きを読む

線は、僕を描く 砥上裕將

青山霜介は17歳の時に事故で両親を亡くし、その喪失感から心を閉ざしてしまいます。付属の大学に進学して一人暮らしを始めますが状況は変わらず、友人といえば大学の頂点を取るという壮大な野望を抱くサングラスがオシャレ?な古前くんのみ。そんな古前くんに押し付けられたアルバイトで巡り会ったのが水墨画と、巨匠篠田湖山でありました。霜介はいつの間にやら湖山先生の内弟子となり、彼の孫千瑛と勝負することになり呆然。し...

続きを読む

最後の晩ごはん 後輩とあんかけ焼きそば 椹野道流

シリーズ第16弾。関西で演技の武者修行をしていた李英が東京に戻ることになりました。しかも所属する事務所も決まり、大きな舞台のオーディションにも合格したとのこと。兄貴分である海里は喜び、晩めし屋でお祝いをすることを決め、張り切って準備を進めます。ところが約束の時間になっても李英は現れず、心配した海里は李英の住むアパートを訪ねると李英が大変なことに!!素直で努力家でとても良い子の李英が何でこんなことに!...

続きを読む

熱帯 森見登美彦

「モリミン」こと小説家の森見登美彦氏は、ネタが浮かばず無為な日々を送っておりました。そんな中友人に誘われ「沈黙読書会」に参加いたします。参加者は皆謎の本を持ち寄り、その謎について語り合うという珍妙で面白そうな会です。唯一の約束事は決して謎を解かぬこと。この読書会で森見氏は、若き日に読んでいる途中で紛失し探し求めていた佐山尚一著の『熱帯』を目にします。その本の所有者は白石さんと言いまして、とても魅力...

続きを読む

京都烏丸御池の名探偵 僕が謎を解く理由 才羽楽

京都のフリーペーパーの記者をしている神堂明は、自分が京都で起きた謎を解くという形の連載を持っています。そんな彼のファンだという女子大生立花いとが現れ、この連載のネタを提供してくれるようになるのです。しかもこの立花さん、神堂の失ってしまった恋人葵にそっくりで、彼の心は揺れに揺れます。小学生の息子の元に暗号で書かれたハガキが届いたことに悩む母親。彼女のために暗号を解明する「第一章」他校に通う彼氏のクラ...

続きを読む

本と鍵の季節 米澤穂信

高校生の図書委員コンビ堀川と松倉が謎解きをするお話。堀川がちょっと憧れている図書委員の先輩に、死んだ祖父の遺した金庫を開けて欲しいと頼まれる「913」訳あって連れ立って行った美容室の店長の不審な言動が気になった2人。何やら事件の香りがする「ロックオンロッカー」図書委員の後輩に頼まれて、窓ガラスを割ったという後輩の兄の濡れ衣を晴らすべく彼らの部屋を捜索する「金曜に彼は何をしたのか」自殺した先輩の友人...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ