FC2ブログ

記事一覧

教団X 中村文則

いろいろ話題になっておりましたので手に取ってみました。ぶ、分厚っ…、そしてめくってみると文字がぎっしり…。手ごわそうですねぇ、ふふっ。失踪した恋人(?)立花の調査を友人の探偵小林に頼んだ楢崎は、彼女が出入りしていたという屋敷へ乗り込みます。この探偵の小林は最後の方で意外な形で話に出てくるのでお忘れなく。こちらのお屋敷、とある宗教団体が利用しているとのことでしたが、残念ながら(?)怪しげなところは全く...

続きを読む

最後の晩ごはん 忘れた夢とマカロニサラダ 椹野道流

シリーズ第8弾。雨がしとしとと降る夜、塚本という青年がばんめし屋にやって来ます。扉を開けずにぬんっと入ってきた彼、はい、幽霊さんです。しかも言い方が悪いかもしれませんが、死にたてほやほや。まるで生きているように見えます。海里たちは塚本に何か執着しているものがあるかと尋ねますが、本人に全く覚えがなく、何で現世に留まったっ⁉という状況。海里たちが協力を申し出ますが、はてさてどうなることやら…。さて、海里...

続きを読む

僕と先生 坂木司

シリーズ第2弾。相変わらず二葉くんと隼人くんは仲良しで和みます。そして今回はなんと怪盗が登場いたしますよ!チョコレートフェアに二人でお使い。人で溢れる会場で将棋倒しが発生!その隙きをついて暗躍する影が…「レディバード」推理小説研究会の柏原先輩が働く喫茶店の店長はとっても優しい。でもその優しさにちょっと違和感があるような…「優しい人」こちらも推理小説研究会のレム先輩。就活中に起きた嫌がらせの謎を解く「...

続きを読む

先生と僕 坂木司

大学に入学したての二葉くんは怖いものが大の苦手。ちょっとしたことでも、どんどん悪い方へと想像を膨らませてしまうのです。本は読むけど人が死ぬようなミステリはダメ。それなのに仲良くなった友人に誘われて「推理小説研究会」に入ってしまった二葉くん。借りた本を手に取ってはみたものの読み進めることができません。公園のベンチで途方に暮れてしまいます。そこに現れたのは天使、ではなく天使のような美少年隼人くん。初対...

続きを読む

確率捜査官御子柴岳人 ゲームマスター 神永学

シリーズ2作目。次期首相と目される大物議員の自宅に侵入、窃盗の疑いで逮捕された男。現場近くの児童公園にて封筒に入ったUSBを捨てるところを刑事に目撃されますが、容疑は一貫して否認しております。刑事の証言と、通報した議員の秘書の目撃証言があるものの、物的証拠はなし。なんで公園での職質のときあんなに逃げた?って話ですが、このままでは送検できません。ということでこの事件「特殊取調対策班」の預りとなります。...

続きを読む

政と源 三浦しをん

墨田区Y町に住む国政と源二郎は幼馴染で、2人とも73歳。国政は定年まで銀行を勤め上げ、現在は気ままな一人暮らし、と言いたいところですが、見合い結婚した清子さんは家を出ていき長女夫婦の元へ。国政が言うには、「理由も言わず突然出ていった」とのことですが、まあそんなことがあるわけなく、清子さんの言い分を聞くとちょっと、いや結構引きます。つまみ簪職人の源二郎は、愛する花枝さんを病で亡くし、国政同様に一人暮...

続きを読む

下鴨アンティーク 暁の恋 白川紺子

鹿乃と慧の関係が気になるシリーズ第6弾。幼馴染の義兄と許されぬ恋に落ち心中した少女の気持ちが詰まった椿の振り袖。過去と現在の義理の兄妹の恋を描く「椿心中」羽織から逃げ出した1匹の猿。向かった先は持ち主の女性の恋しい師匠の笛の元。彼女の恋の行方は如何に。「月を隠して懐に」夜の闇に溶け込んでしまった梅の帯。それは男関係が激しいと噂を立てられてしまった女性の心の闇でありました。「暁の恋」塩谷家に買い取り...

続きを読む

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない〜鎌倉の花は、秘密を抱く 谷春慶

シリーズ第3弾。清一郎と美咲が通う大学では、もうすぐ学園祭を迎えます。書道部では去年書道パフォーマンスをしたらしいのですが、中心となるべき部長の松岡は何やら絶不調。準備は一向に進みません。最近、美咲は書店のバイトを始めまして、そこでとても魅力的なPOPを書く高校生と出会います。そのPOPに書かれていた字にとても興味を引かれるのです。一方清一郎の元には不幸の手紙が届くように。恨まれる覚えが多々ある清一郎。...

続きを読む

冬虫夏草 梨木果歩

「家守綺譚」の続きになります。前作よりどれくらい時が経っているのかは分かりませんが、綿貫は相変わらず死んだ友人高堂の家で犬のゴローと暮らしております。ところが、このゴローが行方知れずになってしまうのです!そこで綿貫はゴローとトビとの縁を思い出し、トビが住む鈴鹿の山へと向かうことにします。外へ出るのは散歩程度でインドア派の彼が山へ!ゴローのことがホントに大切なんですねえ。道中、綿貫は天狗に河童に幽霊...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)