FC2ブログ

記事一覧

天久鷹央の推理カルテⅣ 知念実希人

てんで空気が読めない天久鷹央が事件と病の謎を解く人気シリーズ。今回、小鳥がかなり体を張っております。激しい腹痛を自殺した恋人の呪いだと悩む女性。彼女を救えるのは鷹央か?それとも霊能者か?「迷い込んだ呪い」ゴミ屋敷で近所に住む大学生が殺された⁉鷹央と小鳥でゴミ屋敷に乗り込む「ゴミに眠る宝」小鳥が密かに想いを寄せる看護師の若菜。彼女の親友が殺されてしまう。しかも遺体が瞬間移動?若菜に頼まれ調べ始める「...

続きを読む

ようこそ授賞式の夕べに 大崎梢

本屋で起きた不思議なことを、バイトの多絵ちゃんが社員の杏子さんと一緒に解決する成風堂シリーズ第4弾です。多絵ちゃんは大学生。とても賢く仕事を覚えるのはすこぶる早いのですが、手先が不器用なのが玉にキズ。雑誌の付録付けは遅く、コミックのシュリンクはままならず、プレゼント包装に関してはもう壊滅的。杏子さんをいつも悩ませております。今回、2人は本屋大賞ならぬ書店大賞の授賞式に参加します。この書店大賞は書店...

続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖7 三上延 

このシリーズもついに最終巻です。今回のテーマはシェイクスピアでございます。五浦くんがビブリア古書堂で働き始めて1年、…ってまだ1年⁉ もう3年くらいたっているかと思っていました。随分と濃い1年でしたね。店主の栞子さんとのお付き合いも始まり、順風満帆かと思いきや、何やら金銭的に厳しいご様子。そんな時、吉原とかいういけ好かない男が店にやってきます。吉原は栞子さんの母方の祖父久我山尚大の最後まで残った弟子。何...

続きを読む

パラドックス13  東野圭吾

警視庁管理官の久我誠哉は、強盗殺人事件の犯人グループのアジトを突き止め、取引に向かう犯人たちを一斉逮捕しようという正念場に立っておりました。そこへ捜査一課長から奇妙な指示が。犯人たちがアジトから出て来るであろう時間、1時からの20分間は捜査員を動かすな、と言うんです。さらに誠哉を悩ます案件がもう一つ。それは所轄の刑事である彼の弟冬樹です。正義感からか不満からかは知りませんが、呼ばれてないのにアジトの...

続きを読む

最良の嘘の最後のひと言 河野裕

大企業ハルウィンが行う超能力者採用試験。採用されれば何と年収8000万円!最終試験には7人の超能力者(?)が残ります。7人は能力によりランク付けされています。1位の者には採用通知がすでに渡されていて、日付が変わるまでにこの通知を試験官に渡したものが勝ちということになっております。犯罪行為は一応禁止されていますが、金に物を言わせて人を雇って失格させようとする参加者もいるので、試験は本当にスリリング。そこへ...

続きを読む

ここはボツコニアン4ほらホラHorrorの村 宮部みゆき

三角頭巾で頭をすっぽり隠した村民(だか、町民だか、市民だか)に追いかけられ、逃げ込んだ温泉施設では不気味な大量の顔に出迎えられ恐怖に震え上がるピノピたち。その後敵の本拠地へ乗り込むのですが、そこはボツゲームの世界だということを思い出させてくれる、いかにもな場所でございました。ひどすぎる…。アクアテクに戻り、回廊図書館ならぬカイロウ図書館があるという噂を聞いたピノピと友人ポーレ君はサンタマイラの町へ...

続きを読む

路地裏のほたる食堂 大沼紀子

教育実習のため実家のある田舎町に向かった亘。つつがなく実習終えることのみ願う亘ですが、初日に校長から釘をさされてしまいます。なぜなら彼はその田舎町では悪童としてとてもとても有名だったのです。亘が不良だったわけではありません。理由はもっと幼少の頃にあります。彼が4才のとき、友人宅のベランダに置いてあったレンガを外へ放り投げてしまったのです。亘は危険だと教えられたレンガを排除しようとしただけなのですが...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ