FC2ブログ

記事一覧

泣き童子 三島屋変調百物語参之続 宮部みゆき

故郷川崎宿で悲しく怪しい事件に巻き込まれたおちか。傷心の彼女を見かねて、両親は江戸で袋物を商う叔父夫婦のもとにやります。叔父の留守中に客の対応をしたおちかは、彼から普通外では語れないような体験談を聞くことに。これが三島屋の変わり百物語の始まりです。以降、三島屋の黒白の間に客を招き、おちかは彼らから話を聞くことになります。内に閉じこもっていたおちかの心は外に向き始めるのです。そして少しづつ元気を取り...

続きを読む

砕け散るところを見せてあげる 竹宮ゆゆこ

初読み作家さんです。すごく話題になっていたので手にとって見ました。とりあえず、読後感は衝撃っ!!Σ(゚Д゚)という感じです。高校3年生、受験真っ只中の清澄は遅刻した集会でいじめられている玻璃と出会います。当初、玻璃はちょっと頭のおかしな娘なのかな?という感じなのですが、清澄と出会ってからめっちゃ可愛くなります!しかも甘いものが大好きなめっちゃいい子!(≧▽≦)玻璃はまだいじめられてはいるけど、学校生活を楽し...

続きを読む

ローウェル骨董店の事件簿 センチメンタルジュエリーの謎 椹野道流

シリーズ第二弾。第一次世界大戦の爪痕残るロンドンでのお話です。戦争に行くことを断固拒否し、逮捕された兄デューイ。兄に反発して戦争に行き大怪我をした弟デリック。終戦後、デューイは親の骨董店を継ぎ、デリックは夢だった外科医を諦め検死官になります。が、わだかまりは消えないままでした。そんな彼らの仲を取り持ったのが、デューイの戦死した親友の息子ケイと、幼馴染みで刑事のエミール、そして若手女優の殺人事件です...

続きを読む

神様の御用人6 浅葉なつ

神様の願いを聞く御用人となったフリーターの良彦が、方位神である黄金にナビされながら四苦八苦、七転八倒するシリーズもついに6巻目。関西近県だった御用もとうとう東京、さらには九州へ!まさか良彦がこんなに全国を飛び回ることになるとは思いませんでした(笑)今回登場する神様は平将門、建御雷之男神、経津主神、宗像三女神と大物ばかり。さらに、天眼を持つ女子高生穂乃香の年の離れた兄が現れて、うまい具合に引っ掻き回...

続きを読む

遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手 桑原水菜

シリーズ第5弾。そしてシリーズ初、第4弾と合わせての前後編。こちらのシリーズは、鬼の手を持つ天才的な発掘師西原無量が、彼の発掘した遺物に絡む事件に巻き込まれる、というお話です。彼の祖父は有名な考古学者ですが、捏造事件を起こし学会を追放。父親は歴史学者で史料至上主義。優秀ではありますがかなりのくせ者。無量は幼少時かなり苦労してます。ちなみに鬼の手と呼ばれる無量の右手を焼いたのは祖父です。無量にはいつも...

続きを読む

村上海賊の娘 第四巻 和田竜

ついにクライマックス!! 四巻目はもう「戦!!!」という感じです。大阪本願寺に兵糧を届けようとする毛利水軍と村上海賊。それを阻止すべく布陣する眞鍋海賊と(海戦はど素人の)泉州侍。駆け引きが鳥肌ものでして、若いけど知略に富んだ村上元吉、海戦のベテラン村上吉継と吉充、とにかく豪快な七五三兵衛と、彼らの戦いぶりに大興奮でした!(≧▽≦)そして景!彼女一人でいったい何人分の働きをしたことか。とくに七五三兵衛との...

続きを読む

村上海賊の娘 第三巻 和田竜

難波で戦を目の当たりにし、自分の甘さを痛感した景は、能島に逃げ帰ってしまいます。ですが、共に旅した留吉たちの窮地を知ると、彼女はその甘さ故に戦場へ再び赴くのです。そんな景に男たちは惹かれていきます。最初彼女を毛嫌いしていた児玉就英もその一人。顔はいいけどいけ好かない若造という感じだったのに、三巻ではだいぶ印象が変わりました。後半、村上海賊の秘策中の秘策「鬼手」が発動!海戦に突入します。景は留吉たち...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)