FC2ブログ

記事一覧

光秀の定理 垣根涼介

永禄三(1560)年、関東からとある若者が京へたどり着きました。名は玉縄新九郎時実。めっぽう腕はたつが、ちょっとぬけているのか懐はもうすっからかん。どうしようかと思っていますと、なんと道端で坊主が賭け事をしているではありませんか!この坊主の名は愚息。新九郎とはこれから長い付き合いとなります。その愚息がやっている賭けとは、親が4つの椀の1つに石を入れそれを子が当てるという至極単純なもの。ところが回数が増す...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)