FC2ブログ

記事一覧

慶應本科と折口信夫 いとま申して2 北村薫

シリーズ第2弾。こちらは北村さんがお父様の日記を元に書かれた小説です。お父様はなんと慶應ボーイ!お坊ちゃんですね。今回は予科最後の年から本科卒業のあたりまで。お父様はかの折口信夫氏に指示していました。すごいですよね!私なんかでも知っている先生ですよ!読んでいると戦前の大学生活ってこんなんだったのかあ、と思います。でも何か学校が緩い…。あ、楽ということではないのです。進級も大変ですし、卒論を書く過程...

続きを読む

太宰治の辞書 北村薫

〈円紫さんと私〉シリーズ第6弾。お久しぶりの新刊に胸踊ります。〈私〉も結婚し中学生の子持ち。相変わらず出版社のお仕事を続けておられます。さて、お子様が5歳のときの手紙がございまして、「お母さんへ いつもおしごとしてくれてありがとう ‎でもいいかけん ‎会社をやめてほしいです。 ‎やめられないばあいは ‎なるべくちかいあいだにやめてくださ     い。」無垢で母親への愛情に溢れたお手紙ではありますが、こ...

続きを読む

六の宮の姫君 北村薫

シリーズ4作目。再読です。《あれは玉突きだね。……いや、というよりはキャッチボールだ》芥川龍之介が言った『六の宮の姫君』に関するこの言葉を、バイト先の出版社の関係で会った文壇の長老から聞いた時、大学四年生の《私》の謎解きが始まります。《私》の卒論のテーマはずばり芥川龍之介。なんと羨ましい。驚くべきは《私》があたってゆく本の数です。そしてたくさんの本からの引用により芥川の人柄、交友関係が浮き彫りになっ...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)