FC2ブログ

記事一覧

バベル九朔 万城目学

ドラマ化すると聞いて、積読本の山から発掘してきました。主人公は小説家になるという夢を追うため3年務めた会社を退社。母が祖父から継いだビルの管理人としてゴミを漁るカラスと格闘しながら小説を書き、各社の新人賞に送り続けるという日々を過ごしております。このビルの名が「バベル九朔」。バベルといっても5階建てで周りのビルに埋没していますが、建てた当時はビルは珍しく多くの人々の耳目を集めたとか。ちなみに九朔は姓...

続きを読む

パーマネント神喜劇 万城目学

神様のお仕事小説です。2000年もの間縁結びの神様をやっているこちらの神様は密着取材を受けることに。石橋を叩きまくる性格のためなかなか前に進めず、恋人とも上手くいっていない男性の口癖「まず、はじめに」を言霊で封じる「はじめの一歩」昇進して移動が決まった神様は今いる神社の引き継ぎをします。ところが後進の神様が勝手に言霊を使って当たり屋の男に大当たりのチャンスを与えてしまう「当たり屋」移動先で芸能の神様の...

続きを読む

とっぴんぱらりの風太郎 下巻 万城目学

大阪冬の陣に参加し幾人も殺してしまった風太郎。このことが風太郎の心に影を落とすことに。そんな時、ひょうたん屋で働く女の子芥下の「なら、誰かを救えばよい」という一言が風太郎の運命を変えます。芥下は関ヶ原の戦いで両親を忍びに殺され、忍びに救われました。だからこそ、この一言は風太郎の心に響くのです。風太郎は高台院ねねに頼まれ、再び大阪へ。因心居士に導かれ、黒弓とともに再度大阪城へと向かいます。もうこの辺...

続きを読む

とっぴんぱらりの風太郎 上巻 万城目学

関ヶ原の戦いを経て徳川家康が天下統一した頃のお話。落ちこぼれ忍者の風太郎は御殿を怒らせ、南蛮帰りの黒弓とともに伊賀から追放されてしまいます。のっけからなんと無職に…。京で暮らし始めますが、黒弓は要領よく稼ぐのに、風太郎はだらだらだらだら。そんな風太郎の前に現れるのが、謎の人物因心居士。さらにひょうたんとの運命的な?出会い。ひょうたん作りに勤しむ日々がしばらく続きます。ところが戦が始まると、あれよあ...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ