FC2ブログ

記事一覧

亡羊の嘆 鬼籍通覧 椹野道流

正月休み返上で大忙しのシリーズ第6弾。大晦日に持ち込まれたご遺体は超有名な料理研究家!しかも刺傷が多くて検死に時間がかかり、帰る頃には年が明けてしまいます。彼女の腹にはへそを中心にして同間隔で9箇所刺された傷があり、これは死後つけられたもの。さらに胸にはナイフとフォークが刺されており、犯人の残虐性がうかがわれます。彼女は母親の遺品整理のため実家に帰省しておりました。ファンを名乗る若い男性に夕飯を振舞...

続きを読む

新装版 禅定の弓 鬼籍通覧 椹野道流

ついに筧くんが事件を1人で任せられることになるシリーズ第5弾。といいましても立て込んでいて人手が足りないだけなのですが、T警察署管内で頻繁している動物惨殺事件の捜査をしていきます。T警察署が立て込んでいるの理由が殺人放火事件です。こちらのO医科大学法医学教室に持ち込まれた案件、最初は焼死体かと思ったら先に殺されてたいうことで刑事さんたちを悩ませております。不審車が目撃されていたことで容疑者は確保できた...

続きを読む

最後の晩ごはん 閉ざした瞳とクリームソーダ 椹野道流

海里は元歌のお姉さんの悠子さんとの朗読のレッスン、夏神は昭和の初め頃の料理の研究にそれぞれ勤しんでおります。悠子さんが週一で朗読をやっているカフェバーで、事故で視力をほとんど失った瞳と海里は出会います。彼女の言葉が海里を悩ませ、躊躇っていた夏神の背を押すことに。夏神が何に躊躇っていたかというと新聞社の取材です。実は昭和のレシピをばんめし屋で提供したところ大変好評だったんですよ。ところが取材を受けて...

続きを読む

新装版 隻手の声 鬼籍通覧 椹野道流

伊月くんの生活に様々な変化が訪れるシリーズ第4弾。前巻の最後で子猫を拾い、ししゃもと名付けて筧くんのお家で飼うことになりました。ところが筧くんは駆け出しの刑事なわけで、日夜仕事に追われております。そこで伊月くんが毎日のように筧くんの部屋を訪れししゃもの世話をするようになりました。これが変化その1です。一念発起してノートパソコンを購入した伊月くんですが、これはもちろん論文を書くため。と言いたいところで...

続きを読む

新装版 壺中の天 鬼籍通覧 椹野道流

百戦錬磨の刑事も裸足で逃げ出すほど怖いシリーズ第3弾。ランチへ向かう伊月くんとミチルさんと都築先生。するとゲームセンターに人だかりができています。3人は知り合いの刑事に店の中へと誘われ、DDRの機械の上で息絶えている女性の死体を見ることになるのです。兵庫県監察医務院の龍村氏はミチルさんの同期であります。彼の元に女子大学生の首吊り遺体の依頼が来るのですが、彼女の部屋にはよく分からない文章が書かれたメモが...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ