FC2ブログ

記事一覧

明治金色キタン 畠中恵

明治維新前後に廃仏毀釈の嵐が吹き荒れた村がございました。それまで大切にされていた寺はなくなり、仏像は消え僧たちは行方不明に。そして財政難で立ち行かなくなった村に、仏の祟りの噂が流れるのでありました。相変わらず銀座のボロ派出所に勤務する原田や滝も、この祟りの騒動に巻き込まれていきます。とあるお役人様たちの警護を任じられたのですが、呼び出されたのが件の村ゆかりの寺の跡。ここで2人は怪我をしたうえ、お仲...

続きを読む

若様とロマン 畠中恵

世が世なら若様と呼ばれたであろう青年たち通称「若様組」のメンバーたちが、元家臣たちを養うため巡査となって奮闘するお話です。こちらはシリーズ第3弾で、第1弾「アイスクリン強し」では「若様組」大将長瀬の幼馴染の真次郎が当時珍しい洋菓子屋を開くお話。第2弾「若様組まいる」では「若様組」のメンバーたちが巡査になるため教練場でしごかれます。そして「若様組とロマン」では、なんと「若様組」がお見合いをしていくの...

続きを読む

なりたい 畠中恵

シリーズ第14弾。長崎屋の蜂蜜の仕入先甚兵衛の願いは「空を飛ぶこと」その願いを叶えるため立ち上がった若旦那の兄や佐助の手にはなんと鉈っ!?「妖になりたい」身分に関係なく自作の甘味を持ち寄る甘々会。その会が開かれる日、死体消失事件が発生する「人になりたい」戸塚の猫又の長の座をかけて虎と熊市が長崎屋で勝負をする「猫になりたい」長崎屋の女中おようの縁談相手との顔合わせ。縁談相手の連れ子が問題ばかりを起こ...

続きを読む

うずら大名 畠中恵

「拝み屋さん」シリーズの狐神コウメに続き、超絶カワイイ白モフを発見いたしました!それは巾着鶉の佐久夜です。佐久夜は白くてモフモフで巾着に入れて持ち歩けます。無理矢理袋に入れて口をふん縛るわけではないですよ。自ら袋に入るよう躾けられているのです。誤解無きようお願いします。巾着の出入りは自由でありまして、事あるごとに袋の口から頭を出します。その姿がなんとも可愛らしいこと!ただし佐久夜は大変狂暴でして、...

続きを読む

明治・妖モダン 畠中恵

元号が明治に変わって20年。銀座にはアーク灯が夜陰を照らし、煉瓦造りの堅牢な建物が並ぶようになりました。ですが一歩通りを奥へ入れば、そこには江戸と同じ町並み。夜に外を歩くには提灯が必要なのであります。そんな煉瓦街の一角に掘っ立て小屋が立っておりました。そこは何って、銀座界隈の治安を守る巡査の待機場所、つまり派出所であります。巡査の原田と滝が詐欺師とかっぱらいの少年相手に、牛鍋屋百木屋で起きた事件を...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)