FC2ブログ

記事一覧

つくもがみ笑います 畠中恵

シリーズ第3弾。古道具屋兼損料屋の出雲屋には古い道具がたくさんあります。その中には長い年月を経て付喪神となったものたちがちらほらと…。出雲屋ではそんな付喪神の貸し出しもやっております。1巻目は親世代清次とお紅のお話で、2巻目は2人の養子となった十夜と幼なじみのお話でした。そして3巻目は十夜と新キャラ阿久徳屋と息子(養子)春夜が登場いたします。阿久徳屋の本名は久徳屋阿喜夜といいまして、なんて素敵なカッコイイ...

続きを読む

とるとだす 畠中恵

シリーズ第16弾。倒れてしまった父藤兵衛を助けるため、若だんなが蜃気楼から常世の国(?)まで訪ね歩きます。体が弱いのに頑張ってます、若だんな。広徳寺で薬種問屋が集まる中突然倒れた藤兵衛を助けるため、何を飲んだか薬種問屋たちに探りを入れる「とるとだす」江戸湾の沖に現れた島に江戸っ子たちは大騒ぎ。そんな中若だんなは大切な用事があって家を出たが、何の用だったか、自分がどこにいるのか忘れてしまう「しんのいみ」...

続きを読む

ひとめぼれ 畠中恵

続いてシリーズ第6弾。ある武家が商家から養子を迎えることになったのだが、その面倒を麻之助の親友吉五郎が養子に入った相馬家でみることに。するとこの養子の又八郎が相馬家に厄介事を持ち込むことになる「わかれみち」相馬家の先代と仏具屋東国屋の先代が結んだ約束を持ち出し、東国屋の娘が相馬家の跡取りとの縁談を持ちかけてくる「昔の約束あり」吉五郎の姪っ子に3つの縁談が持ち上がるが、どの家も彼女を選んだ理由が分から...

続きを読む

まったなし 畠中恵

シリーズ第5弾。扇屋吉田屋の娘が狐憑きだという噂と若い町名主がいる隣町の少ない寄進。初めは関係のなかったこの2つの話が後に絡まり合う「まったなし」麻之助が引き受けた迷子犬の捜索と相次ぐ小火の犯人探し。今度は関係ないと思われたことが実は深くはなから関わっていたという「子犬と嫁と小火」星明りもない真っ暗な道を行く麻ノ助と友の清十郎。そこで出会ったのはいかにも怪しい大江という男。2人はこの暗闇から抜け出せ...

続きを読む

おおあたり 畠中恵

シリーズ第15弾。栄吉の作った辛あられが大当たり。これを期に祝言をと許嫁の父親は言い出すが、栄吉は修業を続けたい。さらに許嫁に横恋慕する男が現れて!?「おおあたり」噺家場久が怖い話を語ったあとなぜか追われる羽目に。怪談の場にいた才蔵の親分が行方不明となり、場久の件を調べていた日限の親分も行方知れずとなる「長崎屋の怪談」詫びにともらった富札が大当たり。しかし二枚の割り札だったはずが当たり札が3枚出てきた?...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)

カテゴリ