FC2ブログ

記事一覧

星に願いを、そして手を。 青羽悠

宇宙に憧れを持つ幼馴染4人が、思い出の場所科学館の館長の死をきっかけに再会いたします。その思い出の場所である科学館の閉館が決まり、館長の孫と一緒に科学館のために活動しつつ、絆を新たにするお話です。著者が16歳の時に書き上げたということで話題になっております。読み応えのある話とは言えないかもしれませんが、将来のことを思い描いている若い子にしか書けないお話かもしれません。私のようなスレきった人間には何と...

続きを読む

京都寺町三条のホームズ11 望月麻衣

各地で修行を続ける清貴ですが、最後の修行先である探偵事務所を前に束の間の夏休みを迎えます。久しぶりに「蔵」に葵と清貴がそろい何とも面映ゆい感じでした。清貴の高校時代の先輩の相談にのりつつ、夏の永観堂を詣でる「天の川と青い星々」修行先の大丸京都店でお世話になった方々に葵を紹介する「月夜の宴」葵の親友香織の恋の結末をつづる「似て非なるもの」清貴のライバル円生の視点から語られる「円生の独白」清貴が葵と出会った当時...

続きを読む

遺跡発掘師は笑わない 縄文のニケ 桑原水菜

今回無量は長野諏訪大社のお膝元を発掘いたします。縄文フェスティバル開催に向けて盛り上がっている所です。この辺りは遺跡が多く、貴重な土器や土偶が出土しております。無量は発掘現場にて祖父の遺物捏造事件の関係者と再会。どうにも落ち着きません。そしてその彼女が発掘した土器の模様を見て激しく動揺し、その模様を行方不明の兄が言い残した「呪いのカエル」だと言うのです。またも事件の臭いがプンプンしますね。一方忍も高...

続きを読む

教会堂の殺人 周木律

いやはや、もうショックが大きすぎました…。伽藍堂にて登場した新キャラがどんな活躍を、と思っていたら早くも序盤でご遺体に。その数学者の小角田、記者の脇が向かった先というのが教会堂でございます。間をあけて発見された2人の遺体。船生警部補と毒島巡査部長はただの不審死ではないと感じます。このお二人は双孔堂のときに活躍した刑事さんです。まずは船生警部補が教会堂に向かいます。そこにいたのはフードを目深に被った守...

続きを読む

慶應本科と折口信夫 いとま申して2 北村薫

シリーズ第2弾。こちらは北村さんがお父様の日記を元に書かれた小説です。お父様はなんと慶應ボーイ!お坊ちゃんですね。今回は予科最後の年から本科卒業のあたりまで。お父様はかの折口信夫氏に指示していました。すごいですよね!私なんかでも知っている先生ですよ!読んでいると戦前の大学生活ってこんなんだったのかあ、と思います。でも何か学校が緩い…。あ、楽ということではないのです。進級も大変ですし、卒論を書く過程...

続きを読む

プロフィール

コザクライン娘

Author:コザクライン娘
しがない本好きでございます。
拙い文章ですが、お許しください(;´Д`)